元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2017年 年頭のご挨拶 

明けまして、おめでとうございます。
昨年も、皆様のご理解・ご協力により、真氣光とエス・エー・エスは、また一歩、大きなエネルギー的飛躍を遂げることができました。誠にありがとうございました。

2016年は、先代が初めて氣中継器ハイゲンキを開発した1986年から数えて、ちょうど30年目に当たりましたので、正会員を対象に、古いハイゲンキ本体やドライヤー型の照射ヘッドを下取りして、新型のハイゲンキ本体や新しいタイプのヘッドにアップグレードしていただける「おかげさまでShinkiko 30周年キャンペーン」を2月から8月まで開催しました。キャンペーン期間中、多くの方にお申し込みいただきましたこと、誠にありがとうございました。
氣中継量の大きなハイゲンキ3型を持たれる方が、急激に増えたことと、昨年発売した広く場のエネルギーを高めるための氣グッズ、真氣光プレートブースターの普及とによって、宇宙から地球に集まる真氣光のエネルギーが飛躍的に多くなりました。

また、エス・エー・エスが3泊4日で開催している真氣光研修講座ですが、12月沖縄での開催で、通算313回の開催となりました。2007年より各地で開催するようになった研修講座ですが、ちょうど10年を経過し、11月には新たに千葉県は南房総での開催を加えることができました。これまで多くの方々に参加していただきましたこと、誠にありがとうございました。開催地に縁のあるマイナスの氣が、プラスの氣となることで、真氣光のエネルギーの応援となり、いろいろな効果を引き出す力になっています。直接の参加者、遠隔真氣光での参加者ばかりではなく、これまでの開催地に縁ある氣を通して、日頃真氣光を受けている皆様にも、たくさんの真氣光のエネルギーが浸透したことと思います。

2017年も、まだ真氣光を体験したことがない方たちをはじめ、会員の皆様に向け、よりいっそう真氣光を知り、深く理解していただけるよう、セミナーや体験会、本誌をはじめwebサイトなどを利用して、工夫を加え情報を発信していきます。
宇宙からの真氣光のエネルギーにより、たくさんの方たちに多くの氣づきを得ていただくこと、それにより一人ひとりの魂がより光り輝くことが、真氣光のエネルギーそのものを高めます。それが私たちを取り巻く氣の環境を変え、地球と人類のさらなる発展に繋がることを胸に刻み、私をはじめスタッフ一同、少しでもそのお役に立てるようサポートさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって光溢れる一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
( 2017/01/05 07:37 ) Category 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本から世界に向けて光を広げる 

英国のEU離脱による世界経済への影響がニュースなどで話題になっているところに、トルコ・イスタンブールでのテロが大きく報道されました。フランス、ベルギーでのIS(イスラム過激派)によるテロが記憶に新しい中、私も5月下旬の伊勢志摩サミットでは、物々しい警備体勢を目の当たりにしました。もはや日本も例外ではなく、世界の国々でテロへの対策が叫ばれています。英国の国民投票でEU離脱が過半数を占めた背景には、難民流入を制限してテロの可能性を減らすという目的もあったそうですが、今や世界中がテロの脅威に怯え萎縮している気がします。

私は、今年も6 月25日〜28日の日程で、米国はボストンとニューヨークでのセミナーとセッションに行って来ました。ボストンでは60人ほど、ニューヨークでは20人ほどの皆さんに、氣という見えないエネルギーの存在についてお話しし、真氣光というプラスの氣のエネルギーを体験していただきました。個人セッションでは、一人ひとりの抱えている問題点から、その背景となっているマイナスの氣の存在を知り、真氣光を利用することで、それらを光に変えられるということに気づいていただけるよう、氣を送って来ました。
訪米して毎回のように感じる事ですが、米国が日本と大きく違うところは、やはり人種の多様さです。その先祖を遡れば、地球上のあちらこちらから集まっているということなのですが、今回は特にヨーロッパや中東、ロシアなどからの移民という人が多かったように思います。抱える問題の種類は、健康の問題、家族の問題など日本とあまり変わらないように思いましたが、一つひとつの問題が、より深刻なもののようなのです。関係しているマイナスの氣をずっと掘り下げていくと、そこには単一民族の日本にはない、宗教間の対立・民族間の争いによる強いマイナスの氣があり、僅かながら真氣光のエネルギーがそこに届き始めたように感じました。

経済の分野でも、リーマンショックのように、今や世界のどこかで起きた出来事が、日本にもすぐに影響します。人、物、情報の流通が多くなったことで日本と世界の国々との繋がりが強くなり、周りの国々から日本への氣の影響も強くなっていると言えるのです。しかしそれは逆に、マイナスの氣をどんどんプラスの氣(光)に変えていくことで、周りの国に縁が広がっていくということでもあります。真氣光は、この日本で多くの人に利用されて、そのエネルギーを強めて来ました。それを利用して、一人ひとりが自分の課題に向き合い、暗いマイナスの氣を少しずつでも光に変えていくことが、いつしか地球全体を輝かせることに繋がるはずです。身の周りから真に平和な地球のために、宇宙から真氣光のエネルギーは送られているのです。(月刊ハイゲンキ2016年8月号より)
NY1 NewYork
boston1 Boston

( 2016/07/06 08:21 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

新しい真氣光の本「絶望を希望に変える氣の力」を出版しました 

私は、真氣光をまだ知らない人のために、「絶望を希望に変える氣の力」(幻冬舎)という新しい本を出版しました。先代の時代にも真氣光の本は出版されていますが、私の代になって、これまで20年の間に『氣づきの時代』(中央アート出版社)、『こんな癒しがあった』(文芸社)、『氣で生きる力が湧いてくる』(ごま書房)、『氣こころ、からだ、魂を満たす光のエネルギー』(ピオ・マガジン)の4冊を出版しました。これらは、それぞれ一般の方に真氣光を知ってもらうためということもありますが、真氣光がどんどん進化していくことから、会員の方にも知っていただきたいということで、真氣光が変わる節目に出版するようにしてきたものです。

今回の本は、対象をできるだけ一般の方に絞りました。真氣光を知る最初の入り口にしていただくために、つまり本を読み興味を持った方のセンターへの問い合わせ、もしくはネットでの検索を想定し、真氣光を受ける為の詳しい説明は記述していません。ですから、会員の方には、少々物足りない内容になっているかもしれません。真氣光が始まってちょうど30年、会員の皆さんもそうだと思いますが、私がこれまでいろいろな人に氣を届けてきて分かったことは、誰もがもれなく、プラスやマイナスの見えない氣のエネルギーの影響を受けているということです。

真氣光の進化により、私たちは多くの氣のエネルギーを集中して受けられるようになりました。そしてそれによって、氣を取り入れる人ばかりではなく、その周りにもたくさんの氣のエネルギーが与えられるようになったのです。それは、家族や友人という生きている人ばかりではなく、身体を失った氣の存在つまり既に亡くなっている人にも届けられるということ、自分自身と自分の周りの氣をプラスの方向に変えられるということです。その結果、毎日の生活の中で真氣光を受けることによって、いろいろな身の周りの出来事が良い方向に変わりやすくなり、幸せを感じやすくなるのです。私はこれを、会員の皆さんのいろいろな体験を目の当たりにすることで学んだのです。

これらのことは、まだ真氣光を知らない一般の方には、想像もできないことでしょう。ですからこの本を通して、真氣光でどんなことが可能になるのか、まず知ってほしいのです。進化した真氣光だから、絶望を感じている人にも希望を持ってもらえるのではないかと思うのです。解決方法が見つからず絶望に追いやられたときに真氣光が一筋の希望の光となるべく、世の中には氣という解決方法があり、これを選択出来る人が一人でも多くなるように、私はたくさんの人にこの本を読んで欲しいと願っています。(月刊ハイゲンキ2016年7月号より)

( 2016/06/24 07:38 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

謹賀新年 

2015年という年も、皆様のご理解・ご協力により、真氣光とエス・エー・エスは、また一歩大きなエネルギー的飛躍を遂げることができました。誠にありがとうございました。

エス・エー・エスが3泊4日で開催している真氣光研修講座ですが、昨年、石川・羽咋の開催で第300回を達成、11月下旬沖縄での開催で、通算301回の開催となりました。これまで多くの方々に参加していただきましたこと、誠にありがとうございました。直接の参加者、遠隔真氣光での参加者ばかりではなく、これまでの開催地に縁ある氣を通して、日頃真氣光を受けている皆様にも、たくさんの真氣光のエネルギーが浸透したことと思います。

また2015年は、広く場のエネルギーを高めるための氣グッズ、真氣光プレートブースターを1月から研修講座で使用し、2月上旬より各地センターへ配置するとともに会員向けの販売を開始しました。
さらには2月に研修講座で使用するストレッチマットを、より強力なものに変えると同時に、これを25周年記念ストレッチマットとして期間限定で販売しました。この二つの氣グッズを多くの皆様に購入していただけたこと、特に真氣光プレートブースターが急速に各地に配置されたことは、宇宙から地球に集まる真氣光のエネルギーの中継量を飛躍的に高めました。年末の真氣光メンバーズの集いでも解説しますが、これにより、真氣光のエネルギーの活用方法が一層広がったのです。

2016年は、先代が初めて氣中継器ハイゲンキを開発した1986年から数えて、ちょうど30年目に当たります。ですから、この氣中継器をはじめとする各種氣グッズの具体的な活用方法を中心に、会員をはじめ、まだ真氣光を体験したことがない方たちに向け、よりいっそう真氣光を知り、深く理解していただけるよう、本誌をはじめとする出版物、さらにはwebサイトやインターネットを利用して、工夫を加え情報を発信していきます。

宇宙からの真氣光のエネルギーにより、たくさんの方たちに多くの氣づきを得ていただくこと、それにより一人ひとりの魂がより光り輝くことが、真氣光のエネルギーそのものを高めます。それが我々を取り巻く氣の環境を変え、地球と人類のさらなる発展へと繋がっていくのです。
私をはじめスタッフ一同、少しでもそのお役に立てるようサポートさせていただきます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様にとって光溢れる一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。(月刊ハイゲンキ'16年1月号より)
( 2016/01/01 08:01 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

心をプラスのほうに向ける真氣光 

新聞を読んでいると『「自分はダメ」高校生7割 日本、米中韓より突出』という見出しに目がとまりました。「自分はダメな人間だ」と思ったことがある日本の高校生は7割を超え、米中韓の割合と比べて突出して高いことが、国立青少年教育振興機構の調査で分かったという記事です。機構は「地域社会のつながりが希薄になり、褒められる機会が減ったことが影響している」と分析しているようです。
この調査は2014年9~11月、4カ国の高校1~3年生計7761人を対象に実施したもので「人並みの能力がある」と答えた割合は、中国と米国はともに約9割以上、韓国も7割近くに上るが日本は55.7%に、「自分の希望はいつかかなう」「体力には自信がある」「勉強が得意な方だ」との3項目で「そう思う」と回答した割合も、日本は4カ国中で最も低かったということです。
調査結果を分析した専門家によると「自信や自己肯定感は自然体験、社会体験を通じて達成感を得ることで育まれる。高校生がこうした体験をする機会を増やす必要がある」とのことでした。これからの教育に、この結果が少しでも早く生かされる事とともに、氣の観点からを願っています。

ところで、このように「自分はダメ」と思ってしまうことは、高校生や子どもたちに限った話ではありません。何かの失敗や困難に遭遇すると自信が持てなくなり、そこから心の病に陥る人が、多くなっている時代だと、私は思うのです。

私たちは、氣と体と心の三つの要素が、密接に関係しあっています。困難に直面しても、心をプラスに持ち、希望を見失うことなく、何らかの努力が出来れば、氣のエネルギーも高まり、体もそれに影響されて良くなっていくのです。しかし、現代の世の中は、これまでに亡くなった人たちの辛い苦しい氣持ちがマイナスの氣としてたくさん残っており、それが今生きている人達に強く影響しています。

ほんの少しのストレスも、心を前向きにするきっかけがなかなか掴めないうちに、多くのマイナスの氣を引きつけてしまい、自分自身の氣のエネルギーが大きく下がってしまいます。それにより、自信が持てなくなったり、自分の存在を否定してしまったりするなど心の不調に陥るばかりか、体にもいろいろな症状が現れるのです。

ですから、体の不調などの他に、自信が持てない、不安や心配ごとが多いなど、心の持ち方をなかなかプラスのほうに向けられないという方は、マイナスの氣の強い影響があるかもしれません。そのような場合は、マイナスの氣を意識して真氣光を受けることで、少しずつ改善するものです。ストレス社会と呼ばれる時代ですから、ぜひ多くの人に、真氣光を利用していただきたいと思うのです。(2015年10月号より)
( 2015/11/16 17:38 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。