元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仕事のスタートにあたり 

あけましておめでとうごさいます。正月三が日も終わり今日から徐々に仕事モードへ切り替えです。

それにしても昨年後半から「百年に一度の危機」というフレーズをずいぶん耳にしました。既に亡くなった私たちの先輩達が聞いていたら怒りますよ。「何が危機だ、かつて日本にはもっと激動の時があったはずだ」と・・・。

終戦の時を私は経験していませんが、とんでもない状態だったでしょう。明治維新、戦国時代・・・歴史を振り返ると、そんな危機がたくさん存在したんです。

大きな危機を乗り越え、そんな中からも私たちの先輩達は希望を捨てることなく立ち上がり、さらに良い時代にしてきた、今年はしっかりとそれを思い出す年でしょう。私たちのDNAにはピンチに踏ん張りがきく遺伝子があるはずです。ガンバレ、ガンバレと祖先のエールが聞こえます。

今年は、新しいことにもチャレンジしますが、基本に忠実に。たくさんの皆さんからいただく笑顔を大事に。良いものだから自信をもって丁寧に。昨年の2倍働くつもりでと、私は自分自身に気合いを入れているところです。
スポンサーサイト
( 2009/01/04 15:56 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

仕事始めの良かった話 

新年の第一日目、スタッフには厳しい年になる話をしましたが、皆前向きに捉えてくれたようで、明るいスタートになりました。

SASという会社は、北は札幌から南は沖縄まで全国8カ所にありますが、この初日に来ていただいた方は全国で79人、ありがたいです。さらには全国から、たくさんの年賀状をいただきました。皆様のおかげでウチがある、本当に感謝しかありません。

仕事始めの日ですから、お勤めの方は仕事の合間か、仕事帰りということになるでしょうか。やはり月曜ですから主婦の方が多いでしょう。それも皆様、お正月でお疲れのようで、ゆっくりと氣を受けて身体を癒しておられました。

私の所には全国のスタッフから報告が集まるのですが、来所いただいた皆様からは、休みの間の積もり積もった話をいろいろ伺えたようです。
「年末に無事お嫁さんが出産、お孫さんは男の子」・・・おめでとうございます。
「新しく会員になられた方、少しの間で大きな変化」・・・良かったです。
「症状が重かったお母様が、氣を送ってあげたら一日で激変、結局退院に」・・・すばらしいです。
などなど・・・・

年末年始、一番疲れるのはやはり一家の主婦、お仕事ごくろうさまでした。
食事、掃除に洗濯、もし少しでも休むと確実に滞るわけですから、そういうわけにはいきません。我が家の御台所にもあらためて感謝です。
( 2009/01/06 10:42 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

氣をたくさん受けるスペシャルイベント 

私は、主に週末を利用して、ひと月の間に全国の拠点を一巡していますが、その中でもスペシャルなイベントが今日から3泊4日で開催される真氣光研修講座です。

この講座、ヨガの龍村修先生と毎月開催しているものですが、先代の時代から数えると今年で19年目に入ります。氣を出せるようになりたい、身体をリフレッシュしたい、病気を治したい、等々いろいろな目的の人たちが集まります。簡単に言えば、真氣光という氣のエネルギーをたくさん受けながら、心と身体に良いものをどんどん取り入れるという講座です。

参加者の皆さんが変わられるのはもちろんですが、集まって来られる方を通して、私自身もいろいろな氣づきをいただきます。さらには真氣光の波動そのものが毎回のように少しずつ変化していくのですから不思議です。
講座には毎回集まる人が違いますから、主催者のこちら側も学ぶところが違ってくるという感じなのです。そういう意味で、私もいつもワクワクさせられます。
今月の会場は茨城県つくばみらい市ですが、東京池袋の会社から車ですと1時間ほど。でも、ゆっくりしていると遅刻しますので、そろそろ出発します。

ところでこの講座の様子、雑誌anemoneに、先月今月とふた月にかけて掲載していただきました。興味のある方は、ぜひご覧下さい。
( 2009/01/09 09:42 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

 

4日間の研修講座もアッという間です。氣を送れるようになりたい、体力をつけたい、免疫力を上げ病気を良くしたい、家族のために、先祖のために、仕事のために・・・参加される方の動機はいろいろですが、最終日に話を聞いていると各人の気づきは遙かにそれを上回ります。

真氣光という氣のエネルギーそのものが、気づきを促すという性質があるので、とにかく私はたくさんの氣を受けていただくことを第一に考えています。講座では知識を得るという内容もありますが、どちらかというと講座の内容をきっかけにして、各人がその時本当に必要な、それぞれのテーマで気がついていくというものなのです。ですから連続して参加される方もいらっしゃるのですが、毎回違うものになるわけです。そして毎回のように、参加者の素晴らしい気づきに、こちらが感動してしまうのです。

たとえば講座の後半では'94年から、歌とピアノの演奏を聴く時間や、青山学院大学法学部の石井教授による内観法の講義を取り入れているのですが、真氣光をたっぷり受けた後半に設けることで、感じること気づけることが違ってくるわけです。とくに後半は、参加者相互の相乗効果も手伝って、皆さん大きく表情が変わられるのです。

そんな研修を終えた昨日は、会場の後片付けをしてから会社に寄り雑用を終えて家に着くと、夜の9時をすっかり回っていました。先代の時代から朝7時、夜10時に15分ほど真氣光を全世界に送っている時間がありますが、いつものように真氣光の時間を終えると、参加者の顔が思い起こされ、心地よい疲労感に包まれ床についたのでした。
( 2009/01/13 13:18 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

たましいの声を聞くお産 

昨日、産婦人科医の池川明先生にお会いしてきました。弊社月刊誌の対談記事の取材のためですが、先生は2001年に氣中継器ハイゲンキを購入されていて、診療室に置いてくださっていると聞いていたものですから、ぜひ一度お会いしたいと思っていたのです。

数々の著書を出していますが、「体内記憶」角川新書では、赤ちゃんにも記憶があると言います。「ママ、さよなら。ありがとう」リヨン社では、生まれてくる前の胎児との対話が書かれています。

私は、氣を送ることで、その人にご縁のある魂が、その人の口を借りて話すことで、既に亡くなった人との対話は数え切れないほど経験しましたが、胎児の魂との対話はありませんので、すごく興味深い話を聞けました。

私は、人は宇宙から光を持ってやって来て、たくさんの光を周りに与え、そしてさらに輝いて宇宙に還るのだと考えています。先生の話を聞きながら、やはりたくさんの光を持って、その家に生まれ、周りにいろいろな氣づきという光を与えるのだと確信しました。

リスクが多くて産婦人科医が不足しているという暗い世の中で、人が生まれるということを通して周りがより一層幸せになれるということを気づかせてくれる先生のような存在は貴重です。これからもますます頑張ってほしいと思います。
( 2009/01/15 16:50 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。