元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新聞店の2階に住み込んだ浪人時代 

私は大学受験に一度失敗し、浪人生をやりました。その時は苦しかったけれど、今思えばこの1年が私には最高の年になったのです。
私の父は中卒で丁稚奉公に行き学歴はなかったのですが、何でも自分で勉強した人でした。私に「勉強しろ」とは一度も言わなかったけれど、妙に教育熱心でした。会社をやっており仕事が暇なわけでもないのに、私にくっついて幼稚園、小・中学校、高校とPTA会長を勤めてしまいました。小さい頃から父の口癖は「大学は行かなくてもいい。どうしても行きたいなら一番近い所に行け」でした。近いところと言えば北海道大学しかありません。中学まではあまり勉強しなくても何とかなったのですが、高校に入って好きなことをしていたら、3年にはすっかり「お呼びでない状態」になってしまい、受験も失敗に終わったのです。
父は「予備校なんて、とんでもない」と言っていたし、うちの経済事情もあまり良い方ではなかったので、卒業式の後、何かアルバイトでも探そうと求人誌を買ってきたのです。たまたま開いたページの「住み込みで新聞配達をしながら学校に通いませんか?」という奨学生募集の記事が目にとまり、「予備校に通いながら給料も貰えて丁度良い」と話を早々に決めて、父は出張中でしたが布団を持って家を出てしまいました。 札幌に北海道神宮という大きな神社があるのですが、その傍の新聞店でした。
店の二階が我々の部屋で一人に3畳間一室があたりました。私を含め6人、予備校生が3人、大学生3人。そこでの生活が家とは大違いだったのが、私の中途半端な性格を矯正してくれたのですが、その話はまた後日にしましょう。
初日に受け持ちの区域が決められたのですが、なんと運悪く一番広い神宮を含む区域が当たってしまったのです。 北海道の場合、4ヶ月は雪があるのですが、大量の新聞は手に持てないので自転車に載せて運ぶのです。マンションの多い区域は楽ですが、私のように広い範囲を移動しなければならない区域は特に大変なのです。当時は自分の運の無さを、嘆き悲しんだものでした。
一年後大学に合格してから氣がついたのですが、休日を除き毎日朝夕の2回、強制的に神社詣でをしていたわけです。合格できたのは、何か大いなる力のお陰があったのかもしれません。
スポンサーサイト
( 2008/09/30 07:06 ) Category 私について | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。