元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

この地球上にたった一つの役割 

sobaya
私がよく行く蕎麦屋、この不況にも関わらず、いつも混んでいます。女性が一人でも、軽く一杯やって帰るには入りやすく、そのような客も多いようです。私の蕎麦好きは、あちらこちらで宣伝しているので、知っている人も多いはず、私が12年前から毎週書いている真氣光ニュースの10年前の記事にもありました。当時の意気込みが懐かしいです。ちょっと転載してみます。

私が会長になって間もない頃だったから、もう3年ほど前になるだろうか。北海道の道東を旅行したことがある。小さな町だったが、蕎麦屋があったので入ってみた。私は父に似てか、蕎麦が大好物である。店に入って、メニューをみると、見事に蕎麦しかない。蕎麦屋に入ったのだから当たり前といえば当たり前だが、我が家の近所の蕎麦屋は、ご飯ものがあったり、うどんもあったり、ある程度メニューのバリエーションがある。
 一方、この蕎麦屋は、ざる、もり、天ぷら、蕎麦掻き等々、確かに蕎麦の食べ方の種類は多いが、「こんな小さな町でよく蕎麦だけでやっているなあ」と、感心してしまうほどだ。食べてみて、蕎麦の旨さに「なるほど」と思った。ご主人によると、その店は老舗らしく昔から変わることなく、素材から蕎麦の旨さを引き出すよう今もなお追求しているらしい。食べながら、こういう店があるから飽食の時代にも蕎麦が無くならないのだと、嬉しくなった。
 私は別にラーメンやうどん等、たくさんの麺類をやっている店が悪いと言っているのではない。例えば、蕎麦を知らない人は蕎麦屋が何か分からないから、入りにくいかもしれない。その点、ファミリーレストランなら、メニューなどで目について蕎麦を知らなくても食べる機会ができるかもしれない。それぞれに皆、役割があるのだと感じたのだ。
 ふと私は、うちの会社もこの蕎麦屋のような役割かもしれないと思った。似たような健康法や波動グッズがたくさんある中で、この会社が無くなれば、真氣光という蕎麦の旨さを広める店は地球上のどこにも存在しなくなる。うちの場合、たった一軒しかない会社だから、その役割も大きい。徹底的に蕎麦の旨さに絞り、つまり真氣光の良さをしっかり把握し、十分に引き出せるよう一生懸命努力をしなければならないのだ。その時蕎麦を食べながら、会長である私から始まるのだから、まず真氣光という氣をしっかり受けなければと感じた。

恥ずかしながら今も気持ちは変わりません。我社は真氣光以外のことでお金はいただかないし、私が誰よりも真氣光を受けなければと思っています。この地球上にたった一軒しかない蕎麦屋?です。
スポンサーサイト
( 2009/01/29 21:05 ) Category 真氣光のはなし | トラックバック(-) | CM(0)

寒くても故郷はいい 

昨日はセッションと体験会のため、札幌へ日帰りで行ってきました。私は生まれてから22歳まで札幌に居ましたが、就職で東京に出てきましたので、もう26年東京暮らしということになります。ゴミゴミした街ではありますが、大都市ならではの快適性、人やモノ・情報の豊富さ、住めば都と言うとおり、最初の頃よりはずいぶん馴染めたように思います。

しかし、やはり故郷というものは良いもので、なぜかホッとするところがあります。行き交う人も、不思議なことに知り合いのような気がします(誰かに会いそうな予感がすると、昔の知り合いにあったことも・・・)。この季節、寒いのが苦手な妻などは、同じ故郷とはえ、あまり行きたがりませんが、私はピーンと張り詰めたような凍てつく空気、雪が積もったときには全ての音が吸収されるような感じにも、何とも言えない味わいを感じてしまうのです。雰囲気も氣の一種です。やはり札幌の街と氣が合う。言葉では表せない感覚を、人は感じ取れるということでしょう。

無料体験会には一般の方、二十数名が参加してくれました。身体のため、心や魂のためにと皆さん氣や宇宙エネルギーのことに興味があり、そういう方々ですから、真氣光のエネルギーに波動を合わせやすいようで、幾人からは「すごく感じられました」との体験をいただきました。宇宙からの真氣光は誰にでも、その波動を受け・送ることができるもので、中継と言っていますが、自分がやっているのではなく、宇宙にお任せする感覚です。ですから、氣を送っているお相手の方が、感じようが感じまいが、宇宙任せというわけです。しかし、何か感じてもらえると、やはり嬉しいものですね。

今日は福岡・熊本に行ってきます。羽田空港第2ターミナルでの第一便6:20発は少々早かったのですが、音氣(真氣光の波動を入れた音楽)を危機ながら機上でこのブログも書き終えました。今日もエネルギー全開、最終便で東京に戻ります。
( 2009/01/25 08:27 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

魂にエネルギーを供給する装置 

私は、これまで何人の人に氣を送ってきたのだろう。ふとそんなことを考え計算してみました。週末に札幌から沖縄まで毎月回るので、月にざっとのべ300人、1年で3,600人、丸13年ほぼ同じようだったので46,800人に上ります。あらためて、そのご縁に感謝せざるを得ません。

でも、私が普通の気功家と違うのは、より強力な氣を集められる物を開発することも仕事だと思っていることです。良いエネルギーには毎日のように接してほしい。やわらかい水であっても常に当たれば石に穴があくように、毎日の氣の充電が根本からその人を変える方法だからです。

サラリーマンは辞めましたが、そういう意味では未だエンジニアというわけで、前職の経験から、これまでにいろいろな物ができました。先代も時計技術者でしたから偶然ではないと思っています。

ところで宇宙からのエネルギーは確かに存在し、それは無尽蔵で、装置さえあれば誰でも利用できます。このエネルギーは写真に光として写ることがあるので真氣光と名付けられ、受信する装置を氣中継器と呼んでいます。この氣中継器が '86年の開発から性能アップの工夫を施しながら当社の主力製品というわけです。

氣中継器は、宇宙からのエネルギーを集める中継器本体と私たちの魂にエネルギーが入りやすいように工夫された各種のヘッドから構成されており、コードで接続しなくても無線電話のように本体に集まったエネルギーが、集合ピラミッドを応用したヘッドに分配される仕組みになっています。詳しく知りたい方はこちらを参照下さい。
( 2009/01/24 23:56 ) Category 真氣光のはなし | トラックバック(-) | CM(0)

いよいよ本格始動 

毎週末の事ですが、今週も地方に出張しており、今日東京に戻りました。今回は仙台、名古屋、大阪と真氣光セッションと無料体験会のため、金曜日から三泊四日でまわって来ました。
真氣光セッションとは、20人ほどのグループで1時間半ほど氣を受けて戴くものです。もちろん私が一人ずつお話を聞いたあと、順番に氣を送っていくのですが、会場全体に氣のエネルギーが集まりますので、'99年からグループでやっております。氣中継器ハイゲンキなどを多用する工夫を施すことで、より効果を引き出せるのです。
今回は、年末年始の休みの間に体調を崩した人、風邪をひいて喉を痛めた人が目立ったでしょうか。インフルエンザが流行ってきたようです。
風邪も文字通り、邪氣というマイナスの氣の影響、真氣光というプラスの氣を補うことで楽になるものです。お休みの間にエネルギー不足になっていた方々にも、集中的に氣を吸収していただけたようです。
明日午後は新宿住友ビルで、無料体験会です。氣のお話や氣を送らせていただくことが、サラリーマン時代には味わうことができなかった喜びに繋がっています。新年が明けて、そんな初心を思い出しているところです。今週末は札幌、福岡、熊本ですが、待ってていただける皆さんがいるということがありがたいのです。
( 2009/01/19 20:34 ) Category 日記 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。