元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次世代型の氣中継器ハイゲンキ開発! 

「月刊ハイゲンキ」1月号でもお知らせしましたが、今年は先代の手によって氣中継器ハイゲンキが開発されてから、ちょうど25年目にあたる年です。最初に作られた50台のハイゲンキは10月から11月にかけて販売されたという記録がありますから、ちょうど今頃だったということでしょう。それ以来、たくさんの人に愛用され、今では日本ばかりではなく世界にも広がり、そのユーザーは3万人を超えるほどになりました。

真氣光は、先代が夢で氣中継器ハイゲンキの作り方を教わり始まったものです。そのハイゲンキを使うことで、いろいろなことが分かって来ました。ハイゲンキは本体とヘッドに分かれていますが、まず宇宙からのエネルギーは本体に集まること。また、そのエネルギーは使用しているヘッドばかりではなく、所有者の家族や縁ある人、さらには氣グッズなどに送られること。そして、あたかもヘッドが水道の蛇口のように、出口であるヘッドの容量に合わせて本体に集まるエネルギー量が変わるということです。私はこれまで、いろいろな氣グッズや高出力なヘッドを開発して来ました。その一方で正会員にはSAS三連マークが千個刻印されたハイゲンキのアンテナとも言うべきハイゲンキ用パワーシートを無料配布するとともに、昨年5月からはハイゲンキに標準装備するようにして、高出力な氣グッズやヘッドに滞り無くエネルギーが届くように対応してきました。

昨年のホワイトセラミックヘッド・ローラータイプの発売や、真氣光プレートや大判薄型プレートなどの改良により、会員の皆様が使用するヘッドや氣グッズは、より高性能なものへと移行して来ております。
私は、かねてから真氣光エネルギーの受信能力を一桁上げられないかと次世代型の氣中継器の開発に力を注いできましたが、ようやくこの10月から発売できることになりました。氣とは、言葉で説明をするのには限界があります。これまでの各種ヘッドや氣グッズ同様に、皆様に使っていただくこと、つまり体験を通してでしか、その性能を理解していただく方法はありません。つきましては発売キャンペーンを開催しますので、この機会にセンターや体験会を利用して、多くの方に新型ハイゲンキを知っていただきたいと願っています。
newHG外観
newHG開く

スポンサーサイト
( 2011/10/14 10:00 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。