元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真氣光は人の魂に浸透し心を強くし、周りのマイナスの氣をもプラスに変えるもの 

今月号の対談は、絵本を通して子どもたちの自殺予防に取り組んでいる吉澤誠さんにお話しを伺いました。

内閣府のウェブサイトによりますと平成19年の閣議決定により「9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年この日からの一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」することとされました。
内閣府の統計によれば、「我が国の自殺者数は、平成10年から14年連続で3万人を超え、昨年は3万人を下回ったが、日本は主要国の中でもロシアに次いで自殺死亡率が高い水準にあること。また近年、50歳以上に比べ若い世代の自殺死亡率が高まる傾向で、こうした状況は国際的に見ても深刻であり、15~34歳の若い世代で死因の第1位が自殺となっているのは先進7カ国では日本のみで、その死亡率も他の国に比べて高いものとなっている」とのことです。

吉澤さんの言葉を借りれば「やっと日本でも2〜3年前から、自殺予防教育に力を入れるようになってきた」ということで、小中学生も高い割合で「うつ状態」に陥っているので、できるだけ早い時期から教育することで、「うつ」を見逃さない、自分や人の心の痛みに気づける世の中にしたいと活動されています。

人は皆、生まれ、そしてやがては死んでいくものですが、死ぬことを目的として日々の生活や物事にあたるという生き方をしてはいけないのです。もちろん死は避けては通れない道であり、生きていくということも決して楽なものではありません。死を迎えても魂は存在し、またカタチを変えて生き続けるのです。つまり心や意識が継続するということであり、魂が死を認め肉体が停止するまでは死を考えることなく、常に自分はどう生きたいのか、どんな人間になりたいのか、どう成長していきたいのかを考え、生きる努力をしていけば、死に直面したときも、また次のステージで生きる努力ができるというものです。

しかし、近年のマイナスの氣の強い影響により、ほんの少しのストレスから多くの人がうつ状態になり得るのです。ですから、そのような時に自分自身や周りが早く気づいて、適切な対応が望まれます。真氣光は、人の魂に浸透し心を強くするばかりか、周りのマイナスの氣をもプラスに変えるものです。生きようとする私たちの目の前に立ちはだかる一見マイナス的なことから氣づきを促すばかりではなく、既に苦しみを抱えて死を迎えた魂にも光を送ることができるエネルギーです。ぜひ多くの方に利用していただきたいと思います。
スポンサーサイト
( 2013/08/16 07:03 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。