元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真氣光で日々の生活を丁寧に生きよう 

「防災の日」、大震災に備えた防災訓練が各地で行われたとの報道がありました。今年、政府は南海トラフ巨大地震を想定した初めての総合防災訓練を実施したとのことです。政府の想定では南海トラフ地震では死者32万人、経済被害220兆円となる恐れがあり、官民で防災・減災に取り組めば死者は5分の1、経済被害は半減できるとして、内閣府は一人ひとりが防災意識を高めるよう求めているものです。地震ばかりではなく、これからは台風の季節、さらには異常気象による集中豪雨や竜巻なども多くなるということです。備えあれば憂い無しという言葉がありますが、事前の準備と心構えを新たにしたいものです。

自然災害ばかりではありませんが、もしもの時に人はどう行動するのか。それはその時になってみなければわからないことですが、 一つだけ言えることは、その人に関わっているエネルギーが、どのようなものかで行動が変わってくるということです。状況は同じでも、その人がどのような行動を取るかで大きくその状況が動き、その後の状況が変わります。 九死に一生を得るという言葉がありますが、これが善い悪いは別として、何か生かされるようなエネルギーが働いていたことは間違いがないのです。そしてその後の人生は、何か人のためになるようなことをしていくことになるようです。

今月号の巻頭対談は、世の中のいい話を伝えて行きたいと「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」という活動をされている志賀内さんに、お話を伺いました。志賀内さんはサラリーマンだった35歳のときに、人間関係のストレスから病気になり生死の境をさまようほどの経験をされ、その後、ご両親の介護も必要になり会社を辞めて、現在の仕事をすることになったそうです。

人は生きていくことで気づき、心や魂が成長していくものです。そして生きている限りはできる限り成長して、次の場所へと旅立っていくのです。その次の場所を決めるのは、どんな生き方をして、どれだけ成長できたかにかかっています。死んでさらに有意義な時を過ごせるように、そして喜びに満ちた時を過ごせるようになるには、今を大切に、この時を、そして周りの人を、大切に生きることです。そこからしか私たちは気づくことはできず、それを無視しては、成長することはとても難しいことだからです。ですから、真氣光という宇宙からの応援のエネルギーを活用して、日々の生活を丁寧に生き、大きく成長していきましょう。(月刊ハイゲンキ10月号より)
スポンサーサイト
( 2013/09/19 08:12 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。