元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まずは自分が良いエネルギーを発せられるようになること 

6月の巻頭は、映像作家の岩崎さんにお話を伺いました。岩崎さんは、あるきっかけでOLから転身、今ではたくさんの気づきを与える映画作りを続けている方です。
自分のやりたいことにチャレンジするということは、とても勇気のいることですが、岩崎さんのように何かに気づくことによって魂のエネルギーつまり氣が高まって、不可能が可能になるのだと思います。岩崎さんのドキュメンタリー映画の中に登場する人たちもまた、そのような体験をしながら氣を高め「人のためにこんなことまでできるんだ」という希望を多くの人に与えられる人たちです。

誰かのために何かをすることは、とても大切なことです。また人のためになれることで、生きる希望になったり、感謝されたり、その人が良くなったことが喜びとなり、そのようなプラスの氣によって自らのエネルギーが増えることもあるでしょう。
しかし、自分自身の肉体や精神、あるいは状況がたいへんな時には、なかなか他を優先することはできないものです。さらには氣の観点から言うと、自分のエネルギーが十分ではない時もありますから、真氣光研修講座でも初日に「まずは自分に氣を取り入れることが大切」と、お話ししています。
つまり、何か人のためや誰かに何かをしてあげたいと思った時には、まず自分のエネルギーを高めておくことで、たとえその結果が期待通りにならなくてもダメージが少なくてすむばかりか、強いプラスのエネルギーを保てることにより周りの応援も得られ、思わぬ良い方向へと展開していくこともあるということなのです。

私たちは,真氣光という氣のエネルギーを利用することができます。どんなに忙しくても、日々真氣光のエネルギーが受けられるように工夫していただくことで、まず自分自身の生活がしっかりと送れるようになり、気づきと共に次第に良いエネルギーが発せられるようになるのです。逆に言えば、それを続けていただくことで、自分ばかりではなく、必ず周りの人にも良いエネルギーが分けられる人になれるということなのです。

スポンサーサイト
( 2014/06/15 07:00 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

ほんの少しの勇気と行動で氣づきを得よう 

5月の対談は、103歳にして未だ現役、85歳からコーヒー豆の輸入・販売事業を始められた安藤久蔵さんにお話を伺いました。安藤さんは、年齢を感じさせない気力・体力の持ち主で、対談させていただきながら、私もたくさん良い気をいただきました。
少子高齢化のこの日本では、とかく暗いニュースが続きがちですが、安藤さんのような方がいらっしゃることは、私たちを大いに勇気づけてくれるのです。人によって天から授かった寿命はさまざまですが、それまでの間、できることを一生懸命にやる毎日を送り、思い残すことなく魂を輝かせて天寿を全うしたいものです。

それには、良いと思ったことをやってみる、ほんの少しの勇気を持てることは、とても大切なことです。それが持てて、さらに行動に移せることで、確実に、その人の魂のエネルギーは大きくなっているからです。そして行動に移せたことで変化が起こり、さらに次の変化へと繋がっていけるのです。
そしてここでのポイントは、ほんの少しの勇気です。ものすごく大きな決心を必要とするものではなく、少し頑張ればよいこと、言葉を代えれば少し思いや意識を向けることで生まれる勇気のことです。これならば、どんな人にも持てるでしょう。日頃から気になっていること、やった方が良いと思っていることを、まずはとりかかってみることです。結果が期待通りではなくてもいいのです。まずやってみて、その結果を見てみることです。
そしてもう一つ、ここが重要です。やる前とやった後の自分の心の変化を見てみることです。ずっと気になっていたことであれば、少しすっきりとした気持ちになっているかもしれません。また、もっとこうした方がいいなどと、次のアイデアが浮かんでいるかもしれません。やっぱりやらなければ良かったと、がっかりしているかもしれません。でもここから、必ず何かしらの氣づきがあるはずです。

日々の生活の中で、少しの勇気を出してやってみた方が良いことはたくさんあります。「もうこれでいいんだ」ということは生きている限りないのです。どんなことからでも氣づき、成長ができるのです。真氣光という宇宙からの氣のエネルギーは、それを後押ししてくれるのです。
( 2014/06/03 07:30 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。