FC2ブログ

元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

宇宙はたくさんの光を送りたがっている 

先代が夢を見て発明したハイゲンキですが、これを使っているうちに先代は「真氣光のエネルギーは宇宙からハイゲンキに集まり放射されるもので、ハイゲンキは氣中継器だ」と言い出しました。

つまり宇宙から送られてくるエネルギーを受信するものがハイゲンキであるということです。そして、そのエネルギーは前述のように苦しみや悲しみなど苦悩の中で自分自身のことだけで精一杯という意識の魂に届くと、次第に精神性が向上し、見守るという他のために生きられる存在、つまり宇宙意識により近づいた存在に変わるということなのです。

さらには、そのようなハイゲンキを先代は自分の意思で作ったのではなく、作らされたということです。これらのことを総合的に考えると、大いなる宇宙の何か大きな存在が、地球に住む私たちをもっともっと宇宙意識に近づけたくて、真氣光というエネルギーを利用していると言えるのではないでしょうか。

ところで親であり教師の立場であれば誰でも、子あるいは生徒には早く一人前になって欲しいと願うことでしょう。そこに愛があれば自分を投げ打ってでも、子あるいは生徒のためになりたいと思うものです。しかし小学生に中学生のことを無理に教えても、理解できないばかりか嫌気が指して学ぶことを止めてしまうかもしれません。ちょうどよいタイミングで子や生徒の成長に応じた適切な氣づきを与え、上手にリードする、その工夫が親や教師の学びです。

より高い次元から見られている親や教師にしてみれば、時として遅々として進まない子の進歩に歯痒く焦れったい思いに駆られることがあるかもしれません。私は、大いなる宇宙の光の存在は、援助の手を差し出したくて仕方がないのだと思います。しかし、それを受け取る側が差し出された手ではなく違う方を見てしまっている、そんな状況だから、ハイゲンキという参考書を配り、読んでいるうちに自然に良い方に目が向いてくる、そんなことを狙ったのではないかと思うのです。


私は、氣を送っていて出てくる魂さんの要求から、2000年にパワーユニットを作りました。これも逆に考えれば、光を送ってくれる宇宙の「何とかさらに強力なエネルギーを送りたい、良い参考書を読ませたい」という意思のように感じるのです。宇宙はたくさんの光を送りたがっているのではないでしょうか。

関連記事
( 2008/11/27 12:42 ) Category 真氣光のはなし | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です