FC2ブログ

元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

魂の輝きを増す心の持ち方ーその1 

肉体を終了した魂に光を
人は体と心と魂との三つの要素から成り立っているものですが、死がおとずれることで魂と心だけの存在になります。肉体を終了した魂といっても、すぐに気持が大きく変わるものではなく、たいていは生きている時と何も変わらないのです。

そのとき本来なら行くべき所があるのですが、それが分からないという人がほとんどで、知らないうちに家族や子孫である生きている私たちに、一見マイナスの影響を与えることになってしまうのです。

供養では次に行くべき場所がわからず、どうしたらよいのかと苦悩しているたくさんの魂が今、地球上には溢れているのです。彼らは私たちの邪魔をしたいわけではないのですが、生きている私たちは少なからず影響を受けてしまいます。だからと言って彼らを邪魔者扱いしたり、取り払う、寄せ付けないようにしていても、結局何も解決にはなりません。彼らの存在に気づく、つまり受け入れ、理解して、早く光の世界に旅立っていただくことが大切です。

先代がハイゲンキを夢で発明したのも、私が各種ヘッドを作りそれに改良を施すことになったのも、宇宙がこのような地球の状態を危惧した結果なのです。真氣光のエネルギーは、受ける人の魂に浸透し輝きを増やすばかりか、そのエネルギーは周りの魂にも及びます。それをたくさんの魂たちが待ち望んでいるのです。

どんな人も光を分けている
生きるということは魂を成長させることですから、生きている以上はまだまだ魂に不完全な部分があるということ、それは心(意識)と密接な関係がありますから、言い方を変えるなら気づくことで心を豊かにすることであり、宇宙と調和する方向に意識を向上させるということでもあるでしょう。

生きている人はどんな人も、魂に不完全な部分つまり影のような部分があり、それは成長が望まれる心の部分でもあり、気づかなければならないポイントになっているわけですが、周りに存在する肉体を終了した魂に好むと好まざるとに関わらず、その部分に波動の同調作用によって引き寄せられてしまうのです。つまり心配が多い人は、心配している魂と引き合い、怒りが多い人は怒りを持つ魂と引き合うわけです。

私たちが何かに気づくと、自らの魂が光を作り出し、周りに存在している魂に光を分ける結果になります。真氣光を受けるということは、その人の魂に光のエネルギーが入るとともに気づきが促されるということになるのです。

魂だけの存在に影響されることとは
ですから、どんな人も魂だけの存在に影響を受けることがあるのですが、それに気づけると効率よくエネルギーを分けて、彼らに旅立っていただけるということになるでしょう。それはどんなときなのでしょうか。亡くなった人が夢枕に立ったなど、ある特定の人がすぐに思い浮かべられるような場合は、比較的容易なのですが、想像もできないという場合が多いものです。それらについて説明しましょう。<続く>月刊ハイゲンキ'09年7月号より


関連記事
( 2009/07/23 08:36 ) Category 月刊ハイゲンキ「真氣光教室」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です