元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真氣光のエネルギーは確実に充電されます 

東京都心の桜は、平年より5日早く全国に先駆けて満開になったと、気象庁より発表がありました。ある会社が、全国5万8千人を対象に、最もお花見好きの都道府県を調査するために、お花見調査を実施したそうです。「あなたはお花見好きですか?」と質問し、「大好き・好き・まあまあ・好きではない」の4択で回答してもらい集計した結果、3/4が、「大好き」もしくは「好き」と回答、「まあまあ」も含めると、実に日本の96%の人がお花見好きだとわかったということです。さらに、「大好き」と回答した割合が多かった都道府県は、1位佐賀県、2位宮崎県、3位山梨県、九州は全県において「大好き」と答えた人の割合が全国平均を上回ったそうで、九州は全体的に全国の中でソメイヨシノの開花が早く、桜の季節の訪れが早いことも、お花見好きに影響しているかもしれないとのことでした。

お花見は、奈良時代に梅が中国から伝わり、貴族たちが観賞したのが始まりとされ、平安時代に桜に代わったそうです。桜を見ていると、不思議と心が和みます。冬から春になることの悦び、昔から日本人は桜を見ながら辛いこと、苦しいこと、いろいろなことを乗り越えて来たことでしょう。これも先祖からの、心強く、ありがたい遺産なのだと思います。

ところで春は、いっせいに植物が芽吹き、それに呼応して虫や鳥までもがイキイキとする季節です。しかし、全てのことは連続しています。春が急に始まったのではなく、冬の間の目には見えない準備、つまりエネルギーの蓄積があったからこそ、春に大きく成長できるのです。これは氣の話にも同じことが言えます。
私たちには、良いこと、良い時ばかりではなく、一見マイナスなことがやって来て、体や心が辛く苦しい、思い悩む時があるものです。そのような時は、なかなか良いことをイメージできないものですが、真氣光を利用している人にとっては、それは氣のエネルギーを蓄えている時期と言えるのです。宇宙からのエネルギーは、絶えず降り注いでおり、私たちは氣中継器や氣グッズを使うことで、それを体の中に取り入れ、氣を高めているのです。どんなにたいへんな時にも、それをすることで確実に氣のエネルギーの蓄積があり、それによって氣づき、魂の大きな成長になるのです。

春は、就職、進学、異動など、環境が大きく変わる季節でもあります。その大きな変化に辛くなることがあるかもしれませんが、それも真氣光のエネルギーを利用して、大きな飛躍にしていきましょう。(月刊ハイゲンキ2015年5月号巻頭言より)
関連記事
( 2015/04/29 10:00 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。