FC2ブログ

元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

「一週間で氣が出せた」が真氣光の進化により4日間に 

SASでは真氣光研修講座の二十周年を記念して、2月から4月までの期間でキャンペーンを開催しております。また、たくさんの方に研修講座への問合せ・申し込みをいただくとともに、特別販売しております「大判プレート入りストレッチマット」や「記念プレート」「真氣光枕」など講座で使用している期間限定グッズにも、多くの方に関心をもっていただいておりますこと、誠にありがとうございます。

真氣光研修講座は、‘90年3月、伊豆下田で医療気功師を一週間の合宿で養成することを目的として始まったのですが、真氣光のエネルギー的な変化とプログラムの改良により、‘07年には同様の内容を3泊4日に開催日数を短縮し費用も抑えて開催できるようになりました。
真氣光のエネルギーが中継できるようになるのは、釘が磁石に引きつけられ釘そのものが磁化されてしまうように、研修講座という強力な地場に身を置くことで、その波動が記憶されるという原理のものです。宿泊して集中的に研修することで、短期間での習得が可能になっているわけです。

この二十年の間に、真氣光というエネルギーは、人の氣である魂に浸透し、その輝きを増やすことで心や体を大きくプラスの方向に変化させるということがわかりました。先代は「商業においても工業においても農業においても、この氣が柱になる時代が来るでしょう」という言葉を遺しております。この社会は、人によって成り立っているわけで、真氣光はその「人の魂」に浸透することで、氣づきを促し、意識や心、そして体を変えます。つまり、先代の言葉を借りれば、この真氣光は医療分野だけに限られるものではなく、いかなる分野の人にも利用可能だということなのです。そしてその人が真氣光の波動を記憶することで、その人を中心に周りの人へと次々にエネルギーの拡散が始まるわけです。

宇宙は、たくさんの人に、このエネルギーを利用してもらいたいと思っています。私は、真氣光研修講座が、その入り口となるよう、まだまったく真氣光を知らない多くの方に知っていただきたいと願っております。
( 2010/03/31 10:39 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

真氣光は、私たちの進化を促してくれる 

先日、新聞を読んでいると『「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題-内閣府調査』という見出しに目が止まりました。記事は『環境や食糧、水、感染症、資源・エネルギーといった社会の新たな問題に対し、4人に3人は「さらなる科学技術の発展によって解決される」と思っていることが、内閣府が発表した「科学技術と社会に関する世論調査」の結果で分かった。科学技術の発展を期待する表れとみられ、分野別では「医療分野」で貢献すべきだとの回答がトップだった。』と報じていました。

より多くの人が身の周りに山積する問題を目の当たりにすることで、科学技術への期待が年々高まっているということなのでしょう。私たちは、心配や心痛ではなく適度な危機感を持つことで、それをバネにして大きく進歩しなければなりません。そういう意味では人々の意識がより高まっているわけですが、科学技術は“振るとすぐ解決できる打ち出の小槌”ではありません。その進歩のために行政には、より効果のある具体的な施策が望まれるところです。

ところで科学技術ばかりではなく、どんな分野においても、それに従事し進歩させていくのは心と体そして魂=見えない氣というエネルギー体を持つ、生身の「人」です。私たちは多かれ少なかれ、周りに存在する氣という目に見えないエネルギーの影響を受けて生活しているものですから、ネガティブに作用するマイナスの氣を受け、うまく行かないように邪魔をされていることもあるのです。それを少しでも軽減することができたなら、その人の本来持つ力が十分に発揮され、その人を取り巻く社会も宇宙と調和の取れた方向に変化しやすくなるのです。

真氣光とは宇宙からの応援のエネルギーです。それを利用する人の心や体を良い方向に変えるばかりか取り巻く氣の環境を変えることで、私たちが効率良く進化することを促してくれるエネルギーなのです。
春の進学や就職で、新生活がスタートするシーズンです。大きく環境が変わり、それによりストレスが増える時期でもあります。マイナスの氣に足を取られ大きく回り道をすることなく、自分自身の魂が歩むべき道を真っ直ぐに進む、そしてそれは周りにも良い影響をもたらします。たくさんの人に真氣光を利用していただきたいと思っています。
(月刊ハイゲンキ5月号より)
( 2010/05/10 08:43 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

米国でセミナーを開催してきました 

5月下旬から6月にかけての一週間ほど、私は真氣光研修講座の専任講師・龍村修先生と米国はニューヨーク近郊での沖道ヨガ&真氣光のセミナーと体験会を開催して来ました。この米国でのセミナーは、もう十年以上前から始めたものですが、毎年の恒例行事となっており、現地の人も楽しみにしてくれているばかりか、私も国外に出ることで多くの学びをいただいております。

日本でのセミナーと大きく違う点は、歴史的に米国では移民によって国ができている関係から、真氣光を受けることにより見えない氣の繋がりも飛躍的に世界規模で広がるというところです。今回のセミナーでの参加者は40名、米国以外にもオーストラリアやボリビアという国からの参加もありましたが、参加者の先祖の国籍まで数えると世界中に広がり、実に2カ国ほどにも上ったのです。皮膚の色や言葉ばかりではなく文化や風俗・習慣といったものの違いはあっても、同じ人間として、お互いに理解し合い、氣という絆で繋がれることの喜びが感じられるセミナーでした。

参加者の中には、薬物中毒など、たいへんな体験をしている人もいましたが、全員が一つになって真氣光のエネルギーを受け、互いの幸せを祈ることができました。また、戦争で犠牲になった人たちの魂を感じた人もいましたが、たくさんの真氣光の光によって苦悩が消えていくのが感じられたようでした。

また私たちがニューヨークで体験会を開いていたころ、国連本部で開かれていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議では、核軍縮・核不拡散のための64の行動計画を明記した最終文書を全会一致で採択して閉幕したとのことでした。『具体的な措置を盛り込んだ最終文書の採択は10年ぶり。オバマ米大統領が提唱する「核兵器のない世界」実現の柱となるNPT体制強化に向けて一定の道筋が示せた形だ。』とのニュースが報道されました。

過去の数々の争いで傷ついた、たくさんの魂達も希望を見出せることで光となり、それが私たちへの計り知れない応援となるものです。宇宙からの真氣光のエネルギーは、それを強く促してくれているのです。今回の米国訪問は、改めてそのことを強く感じた旅となりました。
USA3USA1

( 2010/06/23 21:01 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

その場に行ってみたい!と思うのも氣の影響 

この3月に20周年を迎えた研修講座ですが、つくばみらい市での開催を中心に全国各地で開催しております。今年は特に新しく開催場所を増やし、この後9月には宮城県の松島で、11月には沖縄県の宜野湾市でも開催する予定です。

参加していただける方の利便性を考えて場所を選んでおりますが、その時期、その場で開催できるのも不思議な氣の繋がりの一つに思えてなりません。土地には歴史があり、かつてその場で生活していた人たちの思いが魂という氣となって残っているものです。私たちは偶然のようですが縁あって、その場に生まれ、移り住み、興味を持って旅で訪れることになるのですが、少なからずその土地の氣の影響を受けているものなのです。

新聞報道によりますと、今年の夏休み期間(7月15日~8月31日)の旅行者数は前年同期比4.1%増の7656万人になりそうで、国内外ともに昨年実績を上回り、リーマン・ショックが起きる直前の2008年夏の水準も上回る見通しだとのこと。平城遷都1300年祭で奈良・京都方面を訪れる観光客が増えるほか、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」の影響で高知、長崎方面も人気が高いといいます。

その場に行ってみたいと思うのも、何らかの氣の影響。交通が発達し簡単に長い距離を移動できるようになり、さらにはいろいろな情報が手に入る時代です。そういう意味では、多くの土地のたくさんの魂に光が当たる時代とも言えるでしょう。

世の中は、目まぐるしく変わっております。そんな環境に左右されないためにも、私たちはもっと幸せになれるよう、いろいろなことに氣づいて変わって行かなければなりません。宇宙からの真氣光のエネルギーは、それを応援しています。
さらに真氣光研修講座は、たくさんの真氣光を短期間に集中して受けられるとともに、講義や行法を通して自然に意識を変えられるようプログラムが組まれています。初めての人はもちろん、二回、三回と回を重ねて受講することで、より深い氣づきが得られますので、定期的に、もしくは人生の節目に受講していただくのも良いでしょう。

ぜひ、この夏に、あるいは20周年にあたるこの年に、真氣光研修講座を受講してみてはいかがでしょうか。
( 2010/07/16 20:17 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

高齢化社会に真氣光が果たす役割 

東京都で111歳の男性が死後30年以上経過して発見されたのをきっかけに、全国の自治体で100歳以上の高齢者の状況調査が進められました。息子や娘も「分からない」という所在不明の例が各地で発覚するなど、多くの所在不明者がいることが明らかになったようです。特に都市部では、核家族化が進み、住民同士の関係が昔に比べ希薄化していることが原因でしょう。よりいっそう自治体や、隣近所の住民が優しい目でお年寄りを気遣う地域社会というものの実現が望まれるところです。

日本が少子高齢化の時代に突入したと言われて、もうずいぶん時間が経過したように思います。しかし政府の対応は、経済問題におわれ続け、年金問題・高齢者の医療・介護問題などは、遅々として進まないのが現状です。医療関係者の弛まぬ努力によって平均寿命は少しずつ上昇しています。寿命が延びることは良いことですが、絶対的な高齢者の増加はどうしても避けられないことです。昨年の死亡数は114万人、高齢者が増えることで今後もますます増え続けていきます。これからの日本では、誰もが身近に存在する死というものについて、否が応でも向き合わなければならない時代になるといえるでしょう。

ところで、宇宙からの真氣光という見えないエネルギーは、私たちの体の中にある氣という生命エネルギーに浸透します。それによって私たちは、気づきが促され、自然に心や行動、生き方が変わるのです。また、私たちが受ける真氣光のエネルギーは、自分ばかりではなく家族や友人、さらには既に体を失った人たちにも届くのです。私は、この真氣光に15年携わることで、私たち一人ひとりが持つ氣と体とは別々のもので、私たちは体を失っても氣として存在し続けるということを確信しました。そして、体を持って生きているうちに、私たちの生命エネルギーである氣を高めておくことが最も重要であり、それは死後の世界に大きく影響を及ぼすばかりではなく、周りの人たちや次の世代にも良い影響を与えていくのです。

高齢化社会の日本においては、今後益々真氣光の果たせる役割が大きくなっていくと思います。自分の生命エネルギーを高めることは、繋がっている周りをも良い方向に変えていきます。それには、真氣光を受けることが可能な方から確実に、宇宙からのエネルギーを充電していただきたいと願うのです。(月刊ハイゲンキ10月号より)
( 2010/09/22 10:02 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です