元エンジニアの気功家 中川雅仁

宇宙エネルギーshinkikoを広める会社代表のブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真氣光のエネルギーは確実に充電されます 

東京都心の桜は、平年より5日早く全国に先駆けて満開になったと、気象庁より発表がありました。ある会社が、全国5万8千人を対象に、最もお花見好きの都道府県を調査するために、お花見調査を実施したそうです。「あなたはお花見好きですか?」と質問し、「大好き・好き・まあまあ・好きではない」の4択で回答してもらい集計した結果、3/4が、「大好き」もしくは「好き」と回答、「まあまあ」も含めると、実に日本の96%の人がお花見好きだとわかったということです。さらに、「大好き」と回答した割合が多かった都道府県は、1位佐賀県、2位宮崎県、3位山梨県、九州は全県において「大好き」と答えた人の割合が全国平均を上回ったそうで、九州は全体的に全国の中でソメイヨシノの開花が早く、桜の季節の訪れが早いことも、お花見好きに影響しているかもしれないとのことでした。

お花見は、奈良時代に梅が中国から伝わり、貴族たちが観賞したのが始まりとされ、平安時代に桜に代わったそうです。桜を見ていると、不思議と心が和みます。冬から春になることの悦び、昔から日本人は桜を見ながら辛いこと、苦しいこと、いろいろなことを乗り越えて来たことでしょう。これも先祖からの、心強く、ありがたい遺産なのだと思います。

ところで春は、いっせいに植物が芽吹き、それに呼応して虫や鳥までもがイキイキとする季節です。しかし、全てのことは連続しています。春が急に始まったのではなく、冬の間の目には見えない準備、つまりエネルギーの蓄積があったからこそ、春に大きく成長できるのです。これは氣の話にも同じことが言えます。
私たちには、良いこと、良い時ばかりではなく、一見マイナスなことがやって来て、体や心が辛く苦しい、思い悩む時があるものです。そのような時は、なかなか良いことをイメージできないものですが、真氣光を利用している人にとっては、それは氣のエネルギーを蓄えている時期と言えるのです。宇宙からのエネルギーは、絶えず降り注いでおり、私たちは氣中継器や氣グッズを使うことで、それを体の中に取り入れ、氣を高めているのです。どんなにたいへんな時にも、それをすることで確実に氣のエネルギーの蓄積があり、それによって氣づき、魂の大きな成長になるのです。

春は、就職、進学、異動など、環境が大きく変わる季節でもあります。その大きな変化に辛くなることがあるかもしれませんが、それも真氣光のエネルギーを利用して、大きな飛躍にしていきましょう。(月刊ハイゲンキ2015年5月号巻頭言より)
( 2015/04/29 10:00 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

真氣光研修講座が、おかげさまで25周年を迎えます 

今年の3月で真氣光研修講座は開講25周年を迎えることになりました。1990年3月に伊豆・下田で医療気功師養成講座という一週間で気功師を養成するための講座として始まった研修講座は、‘94年先代が奈良・生駒に開催場所を移す時に現在の真氣光研修講座という名称になりました。

真氣光というエネルギーは、人の氣である魂に浸透し、その光を増やすことで、体に変化を与えるだけではなく、氣づきを促し、心にも大きな変化を与えます。「真氣光によって人間性を高めることによって、良い氣が自分ばかりではなく周りにも及ぶ」という講座の理念は開講当初から一貫しております。

この真氣光を短時間に集中して受けられ、さらにはそれを効率よく利用するための心の在り方を学べる研修講座は、氣を習得したい人ばかりではなく、病気の人、仕事や人間関係に悩む人、自分自身や周りの変化を求めてなど、いろいろな人の要求に応えられる講座となり、すべての人を対象とするようになったのです。

さらに研修講座は、当初の一週間の日程から3泊4日になり、開催地も伊豆・下田から奈良・生駒を経て、現在では全国各地で開催するなど、皆様により参加していただきやすいようにかたちを変えております。
宇宙からのエネルギーは、求めることにより強いエネルギーが受け取れるものです。つまり講座に集まる参加者の意識が、講座という場に強力な真氣光のエネルギーを集め、それによって変わっていく参加者一人ひとりが、さらに自分を取り巻いている縁のある氣、地域の氣をもプラスに変えていくのです。ですから一回一回の講座開催の積み重ねにより応援の氣が増え、真氣光のエネルギーそのものを押し上げているのです。

その研修講座が通算290回、参加人数のべ15,700人を超え、さらに今年2015年3月には25周年という節目の時を迎える事になりました。これまで参加していただいた多くの方々に深くお礼を申し上げるとともに、まだ知らない方には、この講座に関心を持っていただき、さらに強い真氣光のエネルギーをたくさんの人々に届けたいと願っております。(月刊ハイゲンキ3月号より)
( 2015/02/05 10:58 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

謹賀新年ー2015年 

昨年も、皆様のご理解・ご協力により、真氣光とエス・エー・エスは、また一歩エネルギー的な飛躍を遂げることができました。誠にありがとうございました。

2014年をふり返りますと、最高気温の記録更新、台風や集中豪雨さらには地震や火山の噴火など自然災害による被害が多くなった年でした。また私たちの周りには、消費税増税後の消費が伸び悩むなど経済問題、変わらない少子高齢化と年金問題、隣国中国や韓国などとの外交問題等々、多くの問題が山積みのまま、なかなか改善されない状態です。

エス・エー・エスでは、3泊4日で開催している真氣光研修講座を、新たに福岡・志賀島、愛知・三ヶ根山、岡山・総社、沖縄・今帰仁などを含め12か所で開催することができ、多くの方々に参加していただきました。これらの開催地は、歴史ある場所でもありますから、縁ある方々も数多くいらっしゃったことでしょう。そのような場所で開催できたことにより、直接の参加者、遠隔真氣光での参加者ばかりではなく、私は日頃真氣光を受けている皆様にも、たくさんの真氣光のエネルギーが浸透したことを、毎月各地で開催している会長セッションから実感しております。

2015年3月には、真氣光研修講座の初開催から25年の年であり、11月には300回目を数える予定です。この研修講座を中心に、会員をはじめ、まだ真氣光を体験したことがない方たちに向け、よりいっそう真氣光を知り、深く理解していただけるよう、月刊ハイゲンキをはじめとする出版物、さらにはwebサイト、FMラジオ放送の充実など、工夫を加え情報を発信していきます。
たくさんの方たちに多くの氣づきを得ていただくこと、それにより一人ひとりの魂がより光り輝くことが、我々を取り巻く氣の環境を変え、ひいては地球と人類のさらなる発展へと繋がっていくという確信のもと、私をはじめスタッフ一同、少しでもそのお役に立てるよう、真氣光をとおして一生懸命サポートさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様にとって光溢れる一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
( 2015/01/02 06:00 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

過去のマイナスをプラスに変えながら進んでいく 

8月15日、69回目の「終戦の日」を迎えました。この日行われた全国戦没者追悼式では天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族ら約6千人が参列し、戦没者約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにしたと報道されていました。
また例年この8月は、新聞では特別記事が書かれたり、テレビでも戦争の悲惨さを訴えるドキュメンタリー番組やテレビドラマが数多く放映されます。
年々、戦争を体験した世代が高齢化により減少する中、貴重な体験が受け継がれなくなることの危機感を新聞でも報じておりました。今年の終戦の日から来年の「戦後70年」に向けて、写真や体験談などを募集して特集企画を組むなどの新聞社や放送局も多いということです。
ところで、不道徳なこととは、どういうことでしょうか。嘘をつくこと、裏切ること、親や家族を大切にしないこと、人を傷つけること・・・。これらは今も昔も変わらない、してはいけないことですが、良く考えてみるとどうでしょう、時代とともにそれらの捉え方は大きく変わってきたのではないでしょうか。
それは何か大きな国家的な大義名分やごく個人的な理由によってねじ曲げられてきました。その時の言い訳は、いつも何かを守るためということです。その何かを守るために人の命が犠牲になって良いことなど一つもないのです。だからその大義名分や、守ろうとしている何かが、どういうもので、それは本当に必要なのかということを今一度よく考えなければいけません。
今までの経緯やしがらみを全て取り払い、よくよく観て考えることです。人は大きな決断、小さな決断においてもどんどんと視野が狭くなり、それと同時に見えないマイナスの氣のエネルギーに徐々に影響を受け、あたかも自分の判断であるかのような強い気持ちに陥ってしまう傾向があります。
生きるために必要なことばかりではなく、より良く生きるために大切なこと、そして人として幸せになり、心や魂が良いエネルギーに満たされて一生を送れるような家庭や地域、さらには国、地球を作っていかなければならないのです。そのためには、過去におきたマイナスの歴史から、学び・気づくことで、意識を大きくプラスに変えながら前に進んでいくことです。私たちの周りのいろいろなマイナスをプラスに…、宇宙からのエネルギー真氣光が応援してくれます。(月刊ハイゲンキ10月号より)
( 2014/09/04 09:23 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)

一つひとつの不思議なご縁を大事に 

私は、先月中旬、真氣光体験会とセッションのため、カナダはトロントに行って来ました。トロントは、先代の時代1995年2月から、先代が亡くなった後も1999年9月まで、エス・エー・エスのセンター(当時はクリニックと呼んでおりました)が開設されていたところで、私も1997年に体験会とセッションのために訪問しています。
その後、毎年ニューヨークでのセミナーは開催してきましたが、なかなかトロントにまで足を運べなかったのです。しかし今回、17年ぶりにトロントで2回目の体験会とセッションを開催することができ、体験会では185名の方に真氣光を体験していただき、翌日のセッションも一日では入りきらないほどの人数となり、大盛況のうちに終えることができました。

トロントにもハイゲンキを持っておられる方、日本で開催している真氣光研修講座に参加してくれている方もいます。しかし体験会当日は、そのような方々ばかりではなく、真氣光を全く知らない方が、たくさん来て下さいました。そして、休み時間や、質疑応答の時間には、個人的な相談など熱心に質問される方もいて、真氣光に何らかの手応えを感じて貰えた方も多かったように思います。見えないエネルギー、氣というものに対する人々の捉え方が、以前とは比べものにならないくらい進んでいるように感じました。(中略)

会員の皆様が、熱心に真氣光を実践してくださっていること、理解を深めていただいていることで、より強い真氣光のエネルギーが必要になっているということだと思います。必要とするから、宇宙からはより多くのエネルギーが集まって来ています。その影響は、日本だけに止まらず、見えないご縁を通じて、地球のあちらこちらに波及効果をもたらすはずです。日本、アメリカ、カナダ…私は、一つひとつの不思議なご縁を大事にさせていただこうと思うのです。
amall_DSC_2609.jpgamall_DSC_2652.jpgamall_DSC_2633.jpgamall_DSC_2665.jpgamall_DSC_2754.jpgamall_DSC_2760.jpg



( 2014/07/16 08:00 ) Category 月刊ハイゲンキ「巻頭言」より | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

中川雅仁

Author:中川雅仁
株式会社SAS代表 気功家。
'93年電機会社の研究職を退職。'95年、夢で氣が出せるようになった父の跡を継ぎ、shinkiko(真氣光)という宇宙エネルギーを世の中に広める元エンジニア。詳細プロフィールはこちら

shinkiko(真氣光)とは宇宙からの気づきのエネルギーです。

株式会社SASは真氣光を利用して、人類が宇宙意識に近づくためのお手伝いをさせていただいています。

shinkiko(真氣光)とSASは、各種団体・宗教とは一切関係ありません。

本の紹介
中川雅仁の著書と shinkikoが紹介されている本です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。